論理エンジン学習法と論理エンジン情報のブログ。国語の読解力をアップさせる論理的な学習法が論理エンジンです。
論理エンジンのブログ > > 「ほめる教育」の落とし穴(その2)

「ほめる教育」の落とし穴(その2)

 さて、今回は前回の続き

「ほめる」についてです。「何をほめるか?」
はかなり重要です。


「何をほめるか?」

逆に言えば、

「何を叱るのか?」

ということはかなり大切です。
親が子どもの人生を左右してしまいます。

 このことについて面白い話があります。
これは実際にあったある家庭の話です。

小学生の子どもがいました。

 その子の母親は、大変厳しい人で、子どもには、

「テストでは80点以上」

ということを常に言っていました。

 そして、80点未満を取ってきたら、
厳しく叱るのでした。

100点   ・・・「よくやった」とほめる
 80点以上 ・・・「まあまあ」と
 80点未満 ・・・「駄目じゃないの」と叱る


 そして、小学1年生のときは、母親も家で仕事をしているので、
子どもの勉強についてしっかりと管理していました。

 「宿題はやったの?」
 「5時まではに帰ってきなさい。」

と。当然、子どもの勉強を見ていたので、
成績は問題はありませんでした。

 ところが子どもが小学2年生になったときから、
母親は外に働きに出るようになりました。

 子どもとしては、母親の管理から解放されて、遊び放題。
その結果として、子どもの成績が下がりはじめました。

 母親は、テストの結果を見るたびにその母は
子どもをきつく、きつく叱りました。

 そして、それが何度も何度も続くと、
今度は子どもはテストを隠すようになりました。

テストが戻ってきても、80点未満のテストは、
そっと机の奥に押し込んでしまいした。

 「最近テストないけど、テストはないの?」
 「テストないよ。」

子どもは嘘をつくようになりました。
そして、80点以上のときは、

 「お母さん、テスト返ってきた。」
 「どれどれ。80点以上。うんうん。」

と母親に見せるのでした。 


ところが・・・

 ある日、母親がその子の机の中を掃除していると、
見たことのないようなテストが・・・

 「○○。これは何なの?」
 「・・・」

 「テストがない。って・・あるじゃないの。」
 「・・・」

 「なんで、なんでテストを隠すの?」
 「・・・」

 「もう、80点以上ばかりで嘘じゃないの!」
 「・・・」

 「もう(バシィ!)」
 「あー。(子ども腕を叩かれて逃げる)」

 「何で隠すの(バシッ!バシッ!)」
 「あー。(泣き出す)」

 「もうー。手が痛い(バシッ!)」
 「痛い。」

 「もう。(今度はものさしを持ち出す)。
  今度テスト隠したら許さないからね。
   (バシッ!バシッ!バシッ!)」
 「あー。」

そう言って、子どもは何度も何度も叩かれるのでした。

 しかし、そうは言っても、その子は、母親に叱られるのが
怖くて、何度も何度もテストを隠すのでした。

 その度に、母親にものさしで叩かれ、
あるときは、その場にあった、
どんぶりを投げつけられたりしました。

また、ものさしがそばにないときは、
お土産で買ってあった横笛が割れるまで、
叩かれるのです。

 そして、次にその子はどんな行動をとったのか・・・
というと、

  学校の先生が使っているペンを買ってきて、
今度は、先生がつけた点数を書き換えるのです。

 例えば、

   30点 → 80点

といった具合です。「ぺん」とうたれてあるところは、
すべて、「○」に書き換えて・・・

 まるで、その変え方は「芸術的」と思えるほどです。


結局、その子は自分で勉強することより

 「どうやって、親の目をごまかすのか?」

ということに力を注いだのでした。

 実はこの話ほどひどくなくても、似たように話は
息子の友達からも聞かれます。

 「あー。テストどうしょう。」
 「なんで?」

 「テスト。まだ親に見せていないんだ。」
 「えっ。もう何日もたっているよ。」

 「だって怒られるもん。」
 「そうなの?」

 「だから、他のテストの良い点数と一緒に出そうかな・・・」

と。実はこれらに共通ししているのが、

 親は子どもの

   「結果に対してのみ評価している」

という点です。

 「ほめる」ということも「叱る」という行為も

 「結果」だけに集中しすぎると、

 「子どもも結果だけを求める子になる」
 「結果が早く出ることだけをしようとする」

 「失敗をしようとしなくなる」

のです。

 ですが、実際に世の中で成長するには、

 「小さな失敗をする」

ということが必要になります。

これは、マーケッターでは有名な神田昌典氏の言葉に
こんな言葉があります。

---------------------------------------------------
キーワード:
数多くの小さな失敗しないで、成功することはない。
種をまかないと、実を結ばないのと同じです。

解説:
どんな天才でも、10の新しいことをやれば、7~8は失敗する。
だから、大きな失敗ではなく、小さな7~8の失敗をするようにする。
問題なのは、失敗を恐れるばかりに、7~8の失敗を躊躇すること。
撒いたすべての種から芽が出ることがありえないように、
失敗しなければ成功はありえない。

------------------------------------------------------

そうなんですね。
世の中に出て、新しいことをどんどんやっていくと、

 「失敗」や「よくない結果」

は必ずついてきます。また、

 「それを乗り越えないと成長しない」

のですね。

 ですから、子どもを指導するには、
そのことを意識しないと駄目なんです。

 そこで大切なのが、ほめ方なんです。

そのことで兵庫県の西宮市で「親塾講座」をやっている
横山先生からこんな話を伺いました。

 それは、

「『結果』を中心にほめるのは『結果承認』といいます。
 逆に子どものやった行為についてほめるのを『行動承認』
といいます。

 子どもをほめるときには、この
 『結果承認』であるのか、『行動承認』であるのか
とても重要です。」

と・・・。

 では、具体的にどうするのかは、また前回の実験に戻ります。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です